ホーム>第33回検定福岡・広島地区の大雨に関する特別措置

第33回(2019年7月21日実施)検定 福岡会場・広島会場の受検者への対応について

このたび大雨の影響で被災された方におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

第33回知的財産管理技能検定(2019年7月21日実施)を福岡会場および広島会場で受検される予定だった受検者で、避難指示や交通機関の運休により試験会場へ向かうことができなかった方に対しましては特別措置をとらせていただきます。

つきましては、7月29日(月)までに、こちらのお問い合わせフォームから、次の要領にて検定運営事務局までご連絡ください。追って検定運営事務局から手続きの詳細をご連絡いたします。 

  • 【件名】は「8.申込手続完了後の問い合わせ」を選択してください。
  • 【お問い合わせの詳細】欄に、以下のフォーマットをコピー&ペーストした上で、必要事項を補記して送信してください。
  • ■受検番号
    ■来場できなかった理由
    避難指示が出ていたため / 交通機関が運休になっていたため (いずれかを記入)
    ■居住地から試験会場までの経路(「来場できなかった理由」が「交通機関が運休になっていたため」の方のみ)
    <記入例>
    (1)自宅→〇〇〇前(バス停)<徒歩>
    (2)〇〇〇前→〇〇〇駅   <〇〇バス>
    (3)〇〇〇駅→〇〇〇駅   <JR〇〇線>
    (4)〇〇〇駅→試験会場(〇〇地区)<徒歩>
    ※交通機関運休区間
    ・上記経路のうち、(3)の区間の交通機関が運休となった。(証明書 あり / なし)

来場できなかった理由が交通機関の運休である場合は、この後の手続き上、運休証明書が必要となりますので、可能な限り取得しておいてください。
運休証明書がない場合、居住地から試験会場までの経路等から判断して特別措置の対象外とさせていただくことがありますので予めご了承ください。

実施機関サイトマップ | サイトポリシー | ご利用について | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記
(c) 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.