1級実技試験の試験形式

試験形式 筆記試験と口頭試問
試験問題(記述式事例問題2題・小問計5問)について「試験室A( 筆記試験)」において解答用紙に解答する時間(20分を想定。問題の長さによって毎回変わりうる)を先に与え、「試験室B(口頭試問)」においてその問題に関する技能検定委員との質疑応答を行い、
(1) 業務上の課題の 発見
(2) 解決策とその理由付
(3) 説得力
の観点から総合的な知的財産管理(特許専門業務/コンテンツ専門業務/ブランド専門業務)に関する技能の評価を行う。


試験時間 筆記試験と口頭試問を合わせて約30 分
  • 試験室A(筆記試験)
    受検者の解答時間(20分)  ※回によって変更あり
  • 試験室B(口頭試問)
    注意事項の確認
    第1 題に関する質疑応答(約4分)
    第2題に関する質疑応答(約6分)


実施機関サイトマップ | サイトポリシー | ご利用について | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記
(c) 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.